マイクロホットスパの原材料

マイクロホットスパは、機能ごとに選別した原材料を吟味し、様々な原材料の中から温浴セラミックスとして最も相応しいものを使用しています。
またセラミックスだけではなく、カバーとして使用するシリコンキャップにも細心の注意を注ぎ、安心・安全・機能性のコンセプトのもとで、こだわりのある製品開発に努めております。

【マイクロホットスパのセラミックス成分】
成分名 特性
岩盤浴鉱石 岩盤浴鉱石として数々の実績を誇る麦飯石と天寿石をセラミックス原料として使用。遠赤外線放射力に優れているため温浴効果に有効な働きをします。
トルマリン 電気石として知られるトルマリンは、ヒドロキシルイオンの界面活性作用により、お湯をきれいに保つ働きに有効とされる天然鉱石です。
酸化シリカ 大地のミネラルの約60%を占める成分です。遠赤外線放射力に優れているため温浴効果に有効な働きをします。
炭化シリカ 遠赤外線放射力に優れたセラミックスでありながら、金属と同レベルの熱伝導性に優れているため、熱エネルギーを効果的に伝達する能力に優れ、お風呂での温まり方に大きく影響を与えます。
ベントナイト 火山灰や溶岩等が海底などに堆積して形成された粘土鉱物の一種です。化粧品原料にも使用されるモンモリロナイト・シリカ・ゼオライト等の成分からできた遠赤外線鉱物です。
ジルコニア 遠赤外線放射力に優れ、イオン生成能力にも優れているため、温浴効果に有効な働きをします。
酸化ゲルマニウム ゲルマニウム温浴セラミックスでお馴染みの触媒原料です。ゲルマニウムの電子作用が入浴に際して効果を発揮します。
ラジウム温浴パウダー 遠赤外線放射力に優れ、イオン生成能力にも優れているため、お湯を活性化し、ポカポカ温泉気分で温浴効果に有効な働きをします。
お湯の温度を素早く吸収する熱伝導性に優れ、高い遠赤外線放射能力を持つため、温浴効果に有効な働きをします。
遠赤外線原料 遠赤外線鉱物や天然木炭を含んだ粘土をセラミックス原料として使用。ミネラル成分や遠赤外線効果により、温浴効果に有効な働きをします。
銀系酸化チタン 銀イオンと酸化チタンを用いた触媒機能により、光が当たらない浴室内においても抗菌・防カビ・防汚に効果を発揮します。人に優しく、清潔・安全に入浴がお楽しみいただけます。

【マイクロホットスパのキャップの成分】
成分名 特性
抗菌性シリコン 原材料は大地のミネラルの約60%を占める酸化シリカです。
赤ちゃんが使用する哺乳瓶にも使用される体にも環境にもやさしい素材です。抗菌性を有しているため、清潔・安全にご使用いただけます。


マイクロホットスパの試験結果

マイクロホットスパの岩盤浴効果や温浴効果は、確立された機能性原材料や試験結果に裏付けられたものです。

遠赤外線放射試験

お風呂の温度40℃程度において遠赤外線放射率の平均が92%以上という優れた放射率を示します。
遠赤外線は皮膚層まで浸透し、熱エネルギーとして温浴作用に効果的に働きかけます。

遠赤外線放射図

【遠赤外線放射率試験】
試験方法 遠赤外線放射率
マイクロホットスパ 92.01%
測定場所 :  遠赤外線応用研究会
試験基準 :  JIS R 1801
試験番号 :  第2091313


イオン生成能力

マイクロホットスパのセラミックス部分からは、電離放射によるイオン生成が行われますので、お湯のイオン活性に有効な働きをし、温泉気分でリラクゼーション効果を促します。

【イオン生成試験】
試験内容 バックグラウンド(平均値) 製品測定値(平均値)
プラスイオン 1.5 × 10  個/m 4.9 × 10  個/m
マイナスイオン 1.4 × 10  個/m 4.6 × 10  個/m
測定場所 :  特定非営利活動法人 日本機能性イオン協会
試験基準 :  JIS B 9929
試験番号 :  第10-0428


熱伝導試験

熱は伝導電子の働きにより熱エネルギーの高い方から低い方に流れます。マイクロホット スパは他の岩盤浴鉱石と比較して約3倍熱伝導作用に優れていますので、熱エネルギーの伝達能力を高め、温浴効果に有効な働きをします。

【熱伝導試験】
試験内容 密度
[×10 kg/m]
比熱容量
[KJ/(kg・K)]
熱拡散率
[×10-4/s]
熱伝導率
[W/(m・K)]
マイクロホットスパ 2.24 0.730 0.0216 3.53
測定場所 :  財団法人 ファインセラミックスセンター
試験基準 :  熱拡散率はJIS R 1611準拠
試験番号 :  第09-A-718


抗菌性試験

マイクロホットスパに使用されるセラミックスの抗菌技術及びシリコンキャップは、優れた抗菌性を備えていますので、家庭のお風呂で清潔・安全な入浴がお楽しみいただけます。

【セラミックス技術の抗菌性試験データ】
試験試料 24時間後の抗菌率
セラミックス技術 99.9%以上
測定場所 :  財団法人 日本食品分析センター
試験基準 :  JIS Z 2801 :2000
試験番号 :  第205041125-011号


【シリコンキャップの抗菌性試験データ】
試験試料 24時間後の抗菌率
シリコンキャップ 99.9%以上
測定場所 :  財団法人 科学技術戦略推進機構
試験基準 :  JIS Z 2801 :2006
試験番号 :  試08-2650号


このページの最上部へ戻る


ゲルマニウム温浴・岩盤浴のキレイナカラダ
温浴グッズ

岩盤浴用プレート

効果・用語説明

通信販売に基づく表示

メディア情報

ランキング