簡単ダイエットの成功理論

あなたは今まで美容と健康のためのトレーニングやダイエットに失敗したことはありませんか?
様々なアンケートによると、5人に4人はダイエットやトレーニングの経験があり、2/3以上の人が続けることができなくて失敗したという結果だそうです。
実はその失敗の原因は脳の働きにあります。
人間心理学の生みの親とされるアメリカの心理学者アブラハム・マズロー氏は、人間の欲求を5段階の階層で理論化しました。この理論を「マズローの欲求段階説」といい人間の行動原理として幅広く活用されています。

ダイエットって大変
  1. 生理的欲求
  2. 安全の欲求
  3. 親和(所属愛)の欲求
  4. 自我(自尊)の欲求
  5. 自己実現の欲求

「マズローの欲求段階説」では人間の欲求は5段階で表され、最初に求めるものは生きるために必要な食べたり休んだり眠るといった生理的な欲求です。それが満たされると、危険から身を守ったり安心や安定を求めるといった安全の欲求を求めるようになるそうです。
それではダイエットしたり、トレーニングを続けるという欲求はあなたにとって5段階レベルでどの位置になるのでしょうか?
きれいな服を着て注目されたいとか、痩せてきれいになりたいという欲求は3番目か5番目になります。
つまり、健康を害して命に関わるような場合を除いては、よほど意思が強くない限りは食べたいとか体を休ませたいという1番目の欲求が勝ってしまいます。
自分の決めた約束事が守れず一度食べてしまったり、さぼってしまうと人間の脳は理想とのギャップに対して無意識のうちに拒否反応を示し、ツライという感情が勝ってしまい翌日から続けようという気持ちがわいてこなくなります。だから挫折する人が多いのは当然のことです。

生活リズムを守った、無理をしすぎないライフスタイルが大切

目的を達成するために目標に向かって努力することは大切なことです。夢を実現しようとする意思があるから人間は前向きに生きていると思います。ですが、今まで失敗を繰り返している方は一気に目標の到達点を狙わない方がいいのかも知れません。
実は激しい運動よりも軽い適度な運動の方がダイエットや心肺機能の強化にもつながる有酸素運動の効果が高いです。
また入浴もそうです。熱いお湯のお風呂は、入浴後の体温の差が大きいと、交感神経が刺激され血圧や心拍数が急激に上昇し、湯あたりや脳卒中などを起こしかねませんので注意が必要ですし、肌の潤いまで奪ってしまうこともあります。
ぬるめのお湯は、ゆっくり時間をかけて入浴することができますので、水圧により有酸素運動が効果的に行われますのでダイエットに効果がありますし、抹消血管の血行を促進し身体の芯まで温まることで、効果的な発汗作用や入浴後の湯ざめがなくなります。また副交感神経の機能により、緊張を和らげてストレス解消につながります。また穏やかな眠りを誘います。

どんなに無理をして頑張っても食べたいとか休みたいという欲求には勝てませんし、続けなければ意味がありません。だから目的を見失わず、今の自分より一歩、そしてまた一歩ずつ上へ昇っていけばいいんじゃないでしょうか。
成功するためには脳にツライと思わせず、理想的な美容と健康法を続けることが大切です。

当社は、あなたの生活リズムを変えない、また無理をしすぎないスローライフの考えを大切にし、「お風呂から生まれるキレイ」を通して新しいライフスタイルを提案させていただきます。
あなたも成功するための習慣を身につけて理想の自分を目指してみませんか?


このページの最上部へ戻る


ゲルマニウム温浴・岩盤浴のキレイナカラダ
温浴グッズ

岩盤浴用プレート

効果・用語説明

通信販売に基づく表示

メディア情報

ランキング